FX初心者講座10

【FX手法】基本中の基本、押し目買い・戻り売りの基本と極意

FXを始めたけど、手法って何?

一番、大切な基本中の基本の手法を教えて!

そんな悩みに答えます。

FXはあらゆる人によってあらゆる手法が開発されていますが、結局は基本をすこし変えたものばかりです。

また、あっちやこっちの情報商材屋の手法に飛びつくより、1つの基本的な手法を洗練していく方が早く勝ち組みになれると考えています。

 

超王道の2つのFX手法

2つのFX手法はずばり「レンジブレイク」「押し目買い、戻り売り」です。

「レンジブレイク」は買い勢力、売り勢力の勝敗がついた時に勝利した勢力に乗っかって利益を取る方法です。

「押し目買い、戻り売り」は上昇し続ける(下降し続ける)FX相場を見つけ、その流れに乗っていく方法です。

この記事ではFXで誰もが知る、一番基本の手法2つのうち「押し目買い・戻り売り」を紹介します。

 

まだ、「レンジブレイク」手法をみていない人はぜひみておいてください。

【FX手法】これだけで勝ち組。最強鉄板のレンジブレイク手法 FXを始めたけど、手法って何? 一番、大切な基本中の基本の手法を教えて! そんな悩みに答えます。 FXはあ...

 

相場は2つの状態がある

手法の説明の前に相場の2つの状態について知っていなければいけません。

もう知っている人は飛ばしてください。

相場には「トレンド」「レンジ」の2つの状態があります。

【レンジ・トレンド】知らないと話にならない。相場の2つの状態とは? FXのチャートを見てもさっぱりわからない 「レンジ・トレンド」とか聞いたことあるけど何? そんな悩み・疑問に答え...

トレンド

トレンドは上昇、または下降か続いている相場の状態です。

上昇中の場合、「上昇トレンド」 下降中の場合、「下降トレンド」と呼ばれます。

 

レンジ

次はレンジの説明です。

レンジは買いと売りの勢力が拮抗しており、価格がある範囲(レンジ:range)で右往左往している状態のことです。

 

レンジもトレンドもそうですが、見る波動(時間足)の大きさによってどこをレンジとするかトレーダーによって見方がわかってきます。自分のトレードする時間足付近で見ていきましょう。

これについては別記事を見てみてください。

【FX】3波動で環境認識とエントリータイミングをとる具体的方法 FXで「環境認識」「エントリータイミング」って聞くけど、具体的にどうすればいいの? そんな疑問に答える一つの方法をご紹...

 

押し目買い・戻り売り

まずは、押し目買い・戻り売り手法です。

これは相場がトレンド状態の時に使える手法です。

 

トレンド状態では波打ちながら価格が上昇または下降していると言いましたが、この波を想定して利益を取っていきます。

上昇トレンド中に一旦下がってきたところを「押し目」と呼び、そこで買うことを押し目買いと言います。

下降トレンド中に一旦上がってきたところを「戻り」と呼び、そこで売ることを戻り売りと言います。

この押し目買い・戻り売りが鉄板中の鉄板の手法です。

トレンドを見つけて押し目買い・戻り売りを狙ってみましょう。

 

この2つは上昇か下降かということだけが違い根本的には同じです。(心理的に少し違うがここでは割愛)

なので、同じ手法ということでまとめています。

トレンドを見つけて押し目買い・戻り売りをしよう

 

押し目・戻りを予想する方法

さて、ここで問題となるのが「どこが押し目?戻り?」という疑問です。

ここでは2つの判定方法を紹介します。

押し目・戻り判定方法①:フィボナッチ

一つはフィボナッチを使う方法です。

フィボナッチは直前の上昇(下降)波に対してどれだけ下がるか(上がるか)を割合(%)で示すツールです。

次の画像はフィボナッチの適応例です。

ある上昇波1つの起点から終点までを0%ー100%とします。

その上昇波について押し目はどこまで戻るかを%で未来予想します。

画像では50%のところまでもどってきて押し目になっていますね。

 

一般的には「38.2%」「50%」「61.8%」が押し目になり跳ね返って上昇しやすいとされています。

この数字は黄金比になっており、過去チャートからもその有用性は示されています。

つまり、上昇トレンド中に1つの上昇波を観測したら、その波の長さの「38.2%」「50%」「61.8%」長さまで下がってくる可能性があるということです。

「38.2%」「50%」「61.8%」のどこで跳ね返るかわからないので、「38.2%」〜「61.8%」を押し目買いゾーンとして注視するのがおすすめです。

下降トレンドはこの逆を考えればOKです。

 

押し目・戻り判定方法②:トレンドライン

トレンドラインは上画像で引いている赤い点線です。上昇トレンドの押し目をつないだ直線です。

下降トレンドの場合は戻りをつないだ線となり、次のような青い線になります。

このトレンドライン付近で反発して押し目または戻りを形成すると予想できます。

トレンドが確認できた際はすぐに乗っからずに、このトレンドライン付近まで戻ってくるまで待ってみてください。

 

以上①フィボナッチと②トレンドラインを紹介しました。

この2つを参考に、または2つとも同時に考えて押し目・戻りをチェックしてみてください。

 

利益確定ポイントと損切りポイント

次に利確ポイントと損切りポイントの説明です。

利確ポイント

利確ポイントは大きく分けて2つあります。

利確ポイント1:直近高値or直近安値

上昇トレンドの場合、下画像を例として見ください。

買ったポイントから見て直近高値を利確ポイントとする場合です。

これは上昇トレンドが長く続いたあとや、すぐ上にレジスタンスラインがある場合など、上昇が見込めない場合の利確ポイントです。

 

利確ポイント2:直近波と同じ長さ伸びると仮定する

2つ目の利確ポイントは画像の緑線のところです。

買ったポイントの直前の上昇波(緑実践)と同じ長さ伸びると考える方法です。

上昇トレンドが始まってすぐの時や、長いレンジをブレイクしてきた時など、おおきな上昇を見込める時などに設定する利確方法です。

下降トレンドはこの逆を考えればOKです。

 

一度例を見てみましょう。下降トレンドの場合は次のようになります。

どちらの利確ポイントにしてもしっかり反応していることがわかりますね。

 

損切りポイント

損切りポイントは簡単です。直近安値の少し下に設定します。

 

以上で、押し目買い・戻り売り手法の解説は終わりです。お疲れ様でした。

まとめ

まとめ
  • トレンドを見つけて押し目買い・戻り売りをしよう
  • 押し目戻り売りを予想する方法は2つ
    • フィボナッチで38.2%・50%・61.8%をチェック
    • 上昇または下降トレンドラインをチェック

以上、押し目買い・戻り売りトレードの方法でした。

当然のことですが言っておきます。この記事を読んだだけでは勝てるようになりません。しっかりと自分で過去チャート検証や練習を行ってください。

  • どういう場合にトレンドが続くのか終わるのか
  • 押し目が崩れるパターンは?
  • どこまで1波動はのびるのか

いろいろチェックするべきところがあると思います。ここを洗練させていけば、この手法だけで勝ち組になれるはずです。FXは広く浅くより、狭く深く手法を見つめた人が勝てる世界です。ここをだるいと思わずがんばってくださいね!

それでは!