FX初心者講座10

【レンジ・トレンド】知らないと話にならない。相場の2つの状態とは?

FXのチャートを見てもさっぱりわからない

「レンジ・トレンド」とか聞いたことあるけど何?

そんな悩み・疑問に答えます。

FXのチャートは不規則にランダムに動いているように思えますが、実はそうではありません。

買いが優勢な時、売りが優勢な時、両者拮抗して価格が動かない時など、様々な状態が存在します。その状態を知ることでチャート分析でき、売り買いどちらについていけばいいかわかります。

この記事ではチャートの2つの状態「レンジ」と「トレンド」について解説するとともに、そこでどのようにトレードすれば良いか教えます。

 

相場は2つの状態がある

FXをやるなら必ず2つの相場状態を知っていなければいけません。

それは「トレンド」「レンジ」と呼ばれています。

 

トレンド

トレンドは上昇、または下降か続いている相場の状態です。

上昇中の場合、「上昇トレンド」 下降中の場合、「下降トレンド」と呼ばれます。

 

例えば、上昇トレンドは次のようになります。

また下降トレンドはこのような感じです。

ここ一つ重要なのは、相場は「波打ちながら」上昇または下降しているということです。

基本的には上昇するにしても、下降するにしても一直線には相場は動かず、波打ちながら価格が変動していきます。

 

その理由は「利確」です。利確とはFXで利益を確定することを言います。

安いところで買えていたFXトレーダーは、相場が上昇すると利益がでてきます。

その際、利益を確定させるため、買っていたものを売るわけです。その時のトレーダーたちの売るという行為で価格が一旦下がります。

しかし、画像のように上昇トレンド中なら、また価格が上昇すると考える人たちが買います。

このようにして、上昇トレンドや下降トレンドには波打ちながら発展していきます。

この「トレンド」という相場の状態を覚えておいてくださいね。

トレンドは波打ちながら発展していく

 

このトレンドが発生している時には、上昇トレンドなら買い、下降トレンドなら売りとトレードするのが賢い選択です。しかし、どのポイントで売り買いすれば良いのでしょうか?

この押し目買い・戻り売り手法は次の記事に詳しく書いておきます。基本中の基本でありながら鉄板&王道の手法です。

【FX手法】基本中の基本、押し目買い・戻り売りの基本と極意 FXを始めたけど、手法って何? 一番、大切な基本中の基本の手法を教えて! そんな悩みに答えます。 FXはあ...

 

レンジ

次はレンジの説明です。

レンジは買いと売りの勢力が拮抗しており、価格がある範囲(レンジ:range)で右往左往している状態のことです。

下画像の黄色いブロックがレンジと認識できます。

確かに、ある価格範囲を行ったり来たりしていますね。

レンジもトレンドもそうですが、見る波動(時間足)の大きさによってどこをレンジとするかトレーダーによって見方がわかってきます。自分のトレードする時間足付近で見ていきましょう。

これについては別記事を見てみてください。

【FX】3波動で環境認識とエントリータイミングをとる具体的方法 FXで「環境認識」「エントリータイミング」って聞くけど、具体的にどうすればいいの? そんな疑問に答える一つの方法をご紹...

 

また、「レンジ内にレンジがある場合」や、「トレンド内にレンジがある場合」などあらゆるところにレンジは存在します。

例えば、下は「レンジ内にレンジがある場合」です。

慣れてくればすぐにわかるようになりますが、最初は難しいので自分のチャートで練習して見てくださいね。

レンジはいたるところに様々な時間足で存在する

 

このレンジを見つけた場合はどのようにトレードしていけば良いのでしょうか?

狙いは2つありますね。

  1. レンジ内の高いところで売って、安いところで買う。
  2. レンジの範囲外に飛び出たところをついていく。

①はレンジが続くと仮定してのトレードですね。

②は売り買いの勢力が崩れてどちらかが優勢になりレンジ内からどちらかに飛び出たら、飛び出た方についていくという方法です。例えば、レンジを上に突き抜ければ、買い勢力が強いと判断して、自分も買いを行います。

 

②については詳しく次の記事にまとめました。「レンジブレイク」という超強力な手法です。この手法は私の一番使う手法でかなり優位性があります。気になる方はチャックしてみてください。

【FX手法】これだけで勝ち組。最強鉄板のレンジブレイク手法 FXを始めたけど、手法って何? 一番、大切な基本中の基本の手法を教えて! そんな悩みに答えます。 FXはあ...

 

まとめ

まとめ
  • トレンド:波打ちながら上昇・下降が続く相場
    →押し目買い・戻り売り手法
  • レンジ:ある範囲内から価格が動かない相場。売り買いの勢力が拮抗している。
    →レンジブレイク手法

以上、相場の2つの状態レンジ・トレンドについてでした!

もっと詳しく知りたい人はダウ理論を勉強すると良いです。レンジ・トレンドの判定方法をしっかり決めることができ、目線が「レンジかな?あれやっぱトレンド?」とコロコロ変わることがなくなりますよ。

それでは!